訪問記 鹿児島県

離島の孤島~待網埼灯台・皆津埼灯台にボートで連れて行ってもらったョの巻

2020年2月6日

12時ジャストに「マリンステイション奄美」さんに到着!
あれ?入口はどこだ???扉があったので「すみませ~~~ん」と声を掛けると、外側からお兄さんが出てきて「灯台の人ですか?」とwww
「ハイ 灯台の人です!」

コチラのお兄さんはインストラクターの方でウエットスーツを着ていました。
多分、連れて行ってくれるのはこの人ではないな~と思っているとメールでやり取りしていた方(以後、Hさん)に電話をしてくれました。
そして数分してお見えに・・・。ご挨拶をして車に乗せて頂き船着場へ。運転は先ほどのインストラクターのお兄さん(以後、Jさん)

桟橋は「マリンステイション奄美」さん専用のようでこの時はボートが2隻。左のボートに乗り込みます。久しぶりだったのでかなりへっぴり腰でしたw 荷物等も積み込んでいよいよ出航!

まず、さっきは陸からだった「奄美瀬戸埼灯台」へ。

ウッホ~~~!やはり海からだと最高ですな~~~ フェリーからも見えたけど近さがまるで違う。天気も良くなってきたし気分最高!パシャパシャと何枚も同じような写真を撮っちゃいますね~

そして次に向かったのが「オネン埼灯台」!
実は昨日の電話連絡の時に「もう1つ陸から行けない灯台があるのでフェリーで古仁屋へ向かう途中でそれを見てから・・・」と話したのですが。「あれかな~?明日行きますか?」と言ってくれてれてたのです。(少し期待してましたw)
勿論「オネン埼灯台」へも連れて行って欲しいのはヤマヤマなのですが待網埼灯台、皆津埼灯台とはかなり離れてるし・・・それと実はこのチャーターの件、最初の値段より大幅に安くしてくれているのです。(私が値切ったのでwww)しかもHさんだけではなくJさんも来てくれてるし・・・な訳で、あとはHさんにお任せするつもりでした。

そして大島海峡の中間付近に突き出た浜グリ崎の「オネン埼灯台」へ。
結局、連れていってもらってるしwww さっきサヨナラしたばかりですが・・・もう再開
これも近い!しかもフェリーの上からと比べると海面に近いので迫力もあります!灯台下の磯には灯台まで上がる階段がるので海保の巡視もやはり船のようですね~小さな船着場もあります。

・・・ですがこの時はまだ満潮ではなく途中まで行きましたがプロペラがサンゴに当たりそうなので止める事になりました。まぁ正直残念ではありましたが元々「オネン埼灯台」は予定通りフェリーから見たし、こうして近くまで来れたので十分満足!Hさん、ありがとうございました。(海保の巡視も船は手前までで手漕ぎのボートで着けてるらしいです)

そしていよいよ本題の「待網埼灯台」「皆津埼灯台」に向かいます!今回のメインイベント!!
途中、古仁屋港の沖に「海王丸」が停泊してたので少し近づいて見学。海王丸は確か訓練用の帆船だったと思います。帆はないけどカッコイイ

船首には女神様。フルート?を奏でています。船は女性なので女神様が付いてるそうで帆船には(すべて?)付いているらしいです。
この日の潮汐は午後から上げ潮なので潮位はこれから上がっていきます。

待網埼灯台の近くまで来ました。こちらは加計呂麻島です。海峡の中なので波は穏やかすが潮は動いています。




サンゴの間を通り船着場に着岸!航路は狭くホントにボートの横幅+αぐらいしかありません。ですのでHさんが航路を確認しながら指示してJさんが運転をしていました。帰りは当然バックでした。もう少し潮位が上がれば一人でも行けたのかもしれませんが↑画像の通りまだ完全に上がってはいないようです。私は素人なので2人に全てお任せです。

ボートの船首側から船着場に取り付き磯へ下ります。磯から灯台までは80m。ところどころ岩ですがそれほど歩き難くはなく灯台下の階段へ。
そしてめでたく灯台にタッチ!

おお~~ここは大島海峡が一望です 雲が出てきましたが気分爽快

そしていよいよ本命の「皆津埼灯台」
オネン埼灯台や待網埼灯台は海からでもほぼ灯台の全体像は見えるのですがこの皆津埼灯台は岬の上、海抜100mの高さにあり海からだと頭しか見えないのでやはり灯台近くまで行きたい!

ここの船着場は待網埼灯台の所より綺麗で崩れてもいません。

衛星写真で見てもらえれば分かりますがここも船着場周辺のサンゴの間に航路が作れらていてかなり狭いです。船の通り道はサンゴが削られて?いますがそれでも満潮時で無風ではないと無理だそうです。

船着場から磯を岬の先端方向へ歩いて行くと階段が見えてきました。
左側のコンクリートの階段は平成30年の台風24号で崩れたそうで右側に新しい階段が補填されている。この写真だけ見ると「凄いね」ってなりますが

実際にはその新しいステンレスの階段は通行可能でやや貧弱に見えますが揺れることも外れたところもなく上がれます。

途中から元のコンクリートの階段に変わり(合流)ます。幅は狭いですね

しばらく上ると土砂が堆積してて階段が埋まっている。そこにはロープがありました。画像では解り難いですが斜度もありロープが無いと登れません。ちなみに私はこのような状況でも出来るだけロープに頼らない(もちろん握ってはいますが)で上ろうとしています。安易に体をあずける事はしません。なお1本のロープ(ザイル)に一度に掴まってイイのは1人までが登山の場合では常識です。

ところどころに「運輸省用地」の石塔がありました。今の国土交通省でしょうか?

傾斜もなだらかになり巻道になります。

やや登ると青空が・・・。

灯台が見えてきました




ついに

灯台からの太平洋。この時期ならホエールウォッチングが出来るかも!双眼鏡持ってくればよかったね~
一通り撮影して景色を堪能!少し雲が多くなったけど高台から見る海は爽快そのもの

名残惜しいですが船着場へ戻ります。上りはそうでもないけど下りは緊張しますね

ロープゾーンも下りはより慎重に。

最後の階段。

沖で待っててくれたボートが迎えに来てくれました。まさに「陸の孤島」ではなく「離島の孤島」

最後に船着場から望遠で

折角なのでと、いう事で逆側を沖から。さっきまであそこに居たのか~と何となく他人事のように思えました。こちら側は外海なので波が高くボートが揺れました。

そしてまだ時間もあるし釣りしましょう!と(↑Jさんです)大島海峡に戻り釣り大会!
私、釣りって北浦でバス釣りぐらいしかやったことないんですけど・・・笑

Jさんに餌をつけてもらいチャレンジ!すると釣れましたよ!しかも2匹も。針から魚を外してもらい(結局なにもしてないw)殿様のような釣りですね




1時間ぐらいでしょうか3人(私は戦力外ですが)で10匹ぐらい釣れました。ホントの豊かさとはこういうモノだと思います。海の恵み!
その後「マリンステイション奄美」さんまで戻り車で今夜の車中泊のところまで走りJさんの車に乗り換えHさんの家まで。
お酒を飲むので車をあらかじめ車中泊の場所まで移動したという事ですw

夜はその釣った魚でHさんの庭でバーベキューぱーりー。ご飯もお酒もごちそうになりました。
この唐揚げ(Jさん調理)と写真にはないですがアカハタの味噌汁が絶品でした!普段、魚はあまり食べる機会がないので思う存分食べまくり!美味しかった

そしてJさんとはサヨナラして2次会の居酒屋へ(Hさんのお友達のお店みたいでした)
ここでは軽く1時間ぐらい。自分を含めおじさんばかりですが楽しかった!いろんな話が出来て勉強にもなりました。
明日の早朝に向かう曽津高埼灯台(地元の方は西古見灯台と呼んでいます)への道の情報も頂きました。必ず明るくなってから行け・・・ともw

そしてタクシーを呼んでもらいで車中泊するために車を停めてあるところまで送ってもらいました。(今思えばタクシー代も払って貰ってた)
あ~~~朝3時に起きて23時まで遊びましたw なんと濃い一日でしょう!普段の1週間分位が凝縮ってかんじです。次の日はいわゆる「燃え尽き症候」になってました。

今回の旅でもっとも楽しく内容も充実してた1日。なんといっても「マリンステイション奄美」さんのおかげです。こういった出会いもホントに偶然が重なって起きるものなので別のところで渡船を頼んでいたらコウはいかなかったでしょう。幸運でした!ちなみにお支払いした料金は別の意味でここに書ける金額ではないのでナイショですwww 今度があったらやはり夏に来たいですね~

つづく







-訪問記, 鹿児島県
-, , , ,

author:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

夏の北海道(道南)灯台訪問の旅【4日目 東横イン新函館北斗南口~道の駅 しかべ間歇泉公園】

朝4時30分に起床して東横イン新函館北斗から南へ。昨日は天気が悪くあまり灯台へ行けなかったので今回もホテルの朝食(無料)は泣く泣く諦めて早く起きて出発しました。 まずは国道227から道道756号で上磯 …

徳之島2日目はホテルでまったり

朝7時に目覚ましを掛けて起きるも・・・天気は曇り 今日は何しようか?灯台へはもういいかな~って気がしてます。昨日の方が天気よかったし、再訪するにしても車借りる程でもないし 悩んでるうちに9時になったw …

奄美大島へ【準備編①】予定編

久しぶりに灯台訪問へ行く事になりました! 私、仕事上というか業務がほぼ単独での仕事になるので 部署とかに属してなく仕事が忙しくなると誰も手伝ってくれる人がいないので休日出勤になることもあります。(←滅 …

伊豆諸島シリーズvol.5 条件付き出航からの欠航で大島に想定外再訪

2週間前に続き東海汽船の伊豆諸島シリーズです。 前置きが長いので興味ない方はとばしてくださいw 前回は利島へ行きましたが実は今回の神津島(予定だった)の方が先に船の予約はしていました。 神津島は東海汽 …

2020年2月奄美大島6泊7日の旅【まとめ】

航空券 Peach Air(成田⇄奄美)10,960-6,980=3,980円 JAL(奄美→羽田)53,090円 船券 マルエーフェリー(名瀬→喜界)3,400円 マルエーフェリー(喜界→古仁屋)5 …

google Adwords










テキストのコピーはできません。