神奈川県

城ヶ島で動画撮影テスト

2020年8月8日

まだまだ新型コロナが拡散していますが。今日から私は3連休になります。
コロナに関しましては思うことがありますが今回は訪問記に専念させていただきます。

YouTubeも本格的にやりたくなり動画撮影もしたくてウズウズしていましたが鉄道の動画を撮ってみたり編集してみたりでクオリティーはかなり低いのですが最低限の方法を覚えました。
ちなみに機材は昔使っていたPanasonicのコンデジとiPhoneX。編集ソフトはiMovieとビデオエディターです。要するにお金をかけていないって事ですねwww
YouTube活動については何故はじめたか?何が目的なのか?などは追々このブログで書いていこうと思っています。

今日はそのメイン企画であります灯台訪問記の1回目(と2回目)の撮影に城ヶ島へ行きました。
城ヶ島には「安房埼灯台」と「城ヶ島灯台」の2基があり安房埼灯台は今年の3月に建て替えられてデザイン灯台化され、一応旬な話題。城ヶ島灯台は歴史もあり知名度もそこそこ?なので題材としては持ってこいな感じだとしばらく前から思っていました。ですのではじめての撮影地は決めていたのですがコロナやら環境やらの整備で3月にYouTubeのチャンネルは登録していましたがもう8月になってしました。

今回は車で一般道を走って城ヶ島大橋に到着。城ヶ島大橋は令和2年4月1日より無料になりました。最も通行料は片道100円だかそこらでしたのであまり影響はないですが料金所で一旦停止が無くなったのが良かったと思います。ETC使えなかったしねw

橋を渡って下のループ内の駐車場は以前は無料だったのですがこちらは橋とは逆に有料化されてしまったので今回は灯台により近い上の「神奈川県立城ケ島公園」の駐車場に入れます。
この駐車場は朝8時から開いているのでその時間を目指して家を出たのですが連休の初日なので道が混んでいて到着は30分遅れとなりました。ですが駐車場は10台ほど停まっているのみで空いていました。

城ヶ島の県営駐車場はシステムが変わって共通の「ワンデーパス」になりました。450円で1日どこの駐車場にで出入りできるようで城ヶ島で1日遊ぶようなときには割安だと思います。ただ個人的に思ったのは駐車場が満車なら停めれなくなるのでホントのピーク時には果たしてどれだけのメリットがあるかな~?でした。

今回はこの「城ヶ島公園第1駐車場」と西側の「西側第2駐車場」を利用したのでまぁ450円なら安いかな?と思いました。時間的にも2時間ぐらい停めたので。

公園内に入り散策道を進むとデザイン灯台にリニューアルされた安房埼灯台に到着!
なかなかカッコいい!個人的には好感のもてるデザイン灯台です。

灯篭はありますが灯器はもちろんLED灯器です。画像の反対側には安房埼神楽高根照射灯があります。
照射灯も廃止ならず生き残ったようです。

灯台の後ろにある展望台から。青空がないのが残念・・・。これでも晴れてるのですが少し霞が掛かっています。
カメラのせいにしたくはないのですが今日撮った写真は露出がバラバラ。少し前から気が付いていましたがもう寿命だと。。。
買ってから12年も経ちますので。今日は時間もあったしイロイロ設定も変えて試してみたのですがダメですね。もうCMOSやらのセンサー自体に狂いがあるようです。

その後、昔の安房埼灯台が建っていた磯へ行ってみたが既に解体撤去されていて土嚢のようなものが残されていました。ここでは動画を撮っていたので写真は撮らなかったのですがその動画が消えてるというw まぁ~イイのですがやはり重要な撮影の時には怖いかな?(ちなみにコンデジの方です)
その磯からは「三崎港東口第1灯浮標」が見えたので遠いですが撮影。これもカスな画像ですが・・・仕方ありません。この灯浮標は陸からは遠くどこで撮ってもほとんど同じだと思いこの後は撮りませんでした。

こちらは「三崎港東口第2灯浮標
カメラの要因もありますがやはり空位中にチリがあるような乱反射で望遠だとまともに撮れませんでした。

帰りに公園から三崎港東口南防波堤灯台を望遠で覗くとやはり堤防にはバリケードがあり灯台には近づけそうもないので今回はパス。今日は乗り越えている釣り人も居ませんねw

そして駐車場に戻り続いては島の西にある城ケ島灯台へ。
今度は「第2駐車場」に停め、商店街を抜けて灯台へ。と思ったら動画撮影に夢中になり入口をスルーしてしまい磯で少し迷いましたwww
灯台にはラッピングのような素材でグラッフィックが付属舎と灯台に貼られていました。特に団体の記載はないので横須賀海上保安部が貼ったのだと思います。このコロナ禍であまり意味は無さそうな感じですが頑張ってますよね~w

こういった装飾は灯台好きの中には否定的な人も居ますが僕個人的には良い事だと思っています。
なにより灯台が放置されていない証ですから!すっかり保安部から見放されたような灯台が数多くある中で予算を掛けて見栄えを良くしようと思ってくれていること自体に拍手を贈ります。横須賀保安部の担当者の方々、これからも頑張って保全の方よろしくお願いします。

一通り撮影して「第2駐車場」に車を停めたまま城ヶ島の西端へ。
ここは千畳海岸のように岩が線状に凸凹していて歩き難いですが立入禁止ではなく(令和2年8月のこの時点)釣り人や磯遊びの観光客がいます。
遠くに見える赤塔が三崎港南防波堤灯台で白塔が三崎港北防波堤灯台です

今日のお目当ては三崎港南防波堤灯台の右に見える「三崎港釜根灯浮標」なのですが堤防を見ると釣り人の姿が・・・。

もしかしたら渡れるか?と淡い期待を持って先端まで歩きましたがwww
多分、渡船があるのでしょうね~

衛星写真でも干潮でも渡れそうもないですから

三崎港北防波堤灯台の建つ堤防も付け根にバリケードがあり近寄れないのでここから撮ってお終いにしました。

そして今まで来なかった橋の反対側へ。
こちらではまだHP未掲載の「三崎港東口第3灯浮標」と「三崎港東口南防波堤灯台」があるのでこの機会に訪問。(実際には近寄れないので訪問ではないですが・・・)
三崎港東口第3灯浮標は港の埠頭からわりと近くに見えて良かったです!形は普通の灯浮標ですが今日は外れてばかりだったので嬉しかった。

同じところから三崎港東口南防波堤灯台もみえます。連休のせいかトローリングをするプレジャーボートが6隻ぐらいエンジンをかけて待機していました。

三崎港東口南防波堤灯台は前調べの衛星写真では微妙な感じで陸から離れていたのですが現地調査w でも離れていました。
小型ボートが通れるような感じに掘削してあるようなので多分干潮時でも歩いては渡れ無さそうでした。
ほんの3mぐらいなのでその気なら何とかなりそうな・・・でしたがもちろんやりません。
これで今日の灯台訪問は終了!まだお昼前ですが混んでくる前にかえります。

カーナビ任せで運転していると往きとは違うルートを案内され134号へ。
ここは七里ガ浜のあたりで海の家等はなくコロナで海水浴場はオープンしてないはずですがこのように人はわんさかいました。そうはいっても例年に比べれば1/5ぐらいかな?

そして15:34に帰宅しました。走行距離は196.1km
満タンで走り始めてメモリ1つ。運転してて楽しくない車ですが燃費がイイのは助かる。今回は高速道路も使わず保土ヶ谷バイパスだけだったのでそれほど非力で嫌になる事もなかった。

(おしまい)







-神奈川県
-, , ,

author:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

関連記事はありませんでした

テキストのコピーはできません。